風邪の進行期対策

 風邪をひいて体がつらくなってきた場合は、無理をせず安静にしている必要があります。

起きているのがつらいときは横になり、睡眠も十分取るようしてください。

ここで部屋の環境には注意してください、温度は25度前後、湿度は60〜80%が最適。風邪のウィルスは湿気に弱いのです。風邪が冬に流行するのは湿気が低くなり風邪ウィルスに好環境だからなのです。対策としては、加湿器を使ったり枕元に濡れタオルを干すなどして、湿度を保つ工夫をしてください。

<関連記事>マイナスイオン超音波加湿器

 また香りの良い石けんを枕元に置いたり、癒し系の音楽を流してリラックスすることは体全体の免疫力を高める効果がありますので、風邪の時はもちろん日頃の生活に取り入れてください。

<関連記事>睡眠


posted by ダイエット管理人 at 15:57 | インフルエンザ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。