「みかんダイエット」「りんごダイエット」あなたはどちらのタイプ

あるある大辞典で「みかんダイエット」と「りんごダイエット」が紹介されました。
いつも食べているみかんやりんごでダイエットできるなんて?
そこには、いくつかの秘訣があったんです。

まずは、あなたが「みかんダイエット」向きか
「りんごダイエット」向きかを調べてみましょう。

みかんダイエット向きは

  • 冷え症
  • 運動不足
  • 糖質中心の食事

みかんに含まれるペクチンは糖の吸収を抑える働きがあります。
普段から、甘い物やごはん、パンが好きな人はこのペクチンの働きで
糖の吸収が抑えられます。
また、シネフリンの効果で、基礎代謝量がアップし運動不足気味の人でも
脂肪を燃えやすくしてくれます。

みかんダイエットの具体的方法は、みかんダイエットのポイント記事をご覧下さい。

リンゴダイエット向きは

  • 便秘気味
  • 内臓脂肪たまり気味
  • 脂質中心の食事

りんごに含まれるリンゴペクチンは腸内環境を整え
腸の蠕動運動を刺激して、便秘を改善する効果があります。
また、プロシアニジンが脂肪の吸収を抑えるので、
脂物好きな人にも安心です。このプロシアニジンは
内蔵脂肪減少効果も期待できます。

りんごダイエットの具体的方法は、リンゴダイエットのポイント記事をご覧下さい。

みかんダイエット向きかリンゴダイエット向きか決めかねている方、大丈夫です。どちらの体質にも効果のあるサプリメントがあります。
次に紹介している「グリーンアップルオレンジダイエット」や「りんごポリフェノール+シネフリン」記事をご覧下さい。

関連情報リンク

リンゴダイエット、みかんダイエットにはグリーンアップルオレンジダイエット
リンゴダイエット、みかんダイエットどちらにも効果があります

りんごダイエット、みかんダイエットもこれ一つ
りんごポリフェノール+シネフリンでらくらくフルーツダイエット



posted by ダイエット管理人 at 19:46 | あるある大辞典
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。