コレステロールお役立ち情報

コレステロールの基本

コレステロールというと体に悪いものと考えてしまいますが、実は生命維持には欠かせない物質で、人間の身体も自分自身で血清コレステロールを生成しています。しかし、過剰に摂取するとやはりよくありません。
コレステロールの過剰摂取を続けると、ドロドロ血になったり、生活習慣病を引き起こしたりします。中高年には気になる心筋梗塞や脳梗塞の原因とも考えられています。

コレステロール抑制に役立つ栄養

  • 紅麹
  • DHA、EPA
  • 黒麹もろみ酢
紅麹は肝臓で生成される血清コレステロールの合成を抑制する成分があると言われています。
青魚に多く含まれるDHA,EPAは血液中のコレステロール値を低下させる作用があります。

コレステロール抑制に役立つビタミン・ミネラル

  • ビタミンE
  • ビタミンC
ビタミンE,ビタミンCにもコレステロール値を下げる作用があります。 さらに、血液をサラサラに保つにも欠かせないものです。

コレステロール抑制に役立つスパイス

  • シナモン
シナモンには消化促進の効果がありますが、悪玉コレステロール(トリグリセロイド)を下げるという報告もあります。


posted by ダイエット管理人 at 14:38 | 栄養辞典
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。