風邪の種類と症状

一口に風邪といっても様々な症状が出てきます。 それは、風邪は「風邪症候群」と呼ばれる呼吸器系の病気を総称しているからです。
種類 特徴 症状 病原
インフルエンザ 40度前後まで急激な体温上昇がある 頭痛、腰痛、筋肉痛、全身倦怠、鼻汁、ノドの痛み、咳 インフルエンザウィルス
普通感冒 鼻、ノドの違和感や乾燥感と発熱 くしゃみ、鼻汁、鼻づまり、ノドの痛みなど、全体に症状は軽い ライノウィルス、コロナウィルス、連鎖球菌、パラインフルエンザウィルスなど
咽頭炎 口内の粘膜疹やノド炎症 発熱、頭痛、ノドの奥や扁桃に灰白色の吹き出物ができることもある アデノウィルス、連鎖球菌、パラインフルエンザウィルス、コクサッキーウィルス、エコーウィルス
咽頭結膜熱 発熱、咽頭炎、結膜炎などの全身症状がある。プール熱の別名がある 悪寒、熱、頭痛、鼻汁、鼻づまり、ノドの痛み、咳、眼痛、涙や目やに アデノウィルス
気管支炎 風邪症状で発病し、咳がひどくなる 鼻汁、ノドの痛み、咳、痰、ぜんそく、呼吸困難 マイコプラズマ、RSウィルス、インフルエンザウィルス、連鎖球菌など
肺炎 肺の末梢の炎症。インフルエンザウィルスによると重症化しやすい 熱、咳、頭痛、ノドの痛み、胸の痛み、チアノーゼ RSウィルス、インフルエンザウィルス、連鎖球菌、アデノウィルス


posted by ダイエット管理人 at 15:41 | インフルエンザ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。